Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第145回 TOEIC受けてきました!!

TOEICブロガーの皆さんお疲れ様でした!!

そしてTBRお疲れ様です!
今日は都合で最後のほうしか聞けませんでした。。。

大阪のオフ会参加できればしようかな^-^~☆


さてさて・・・問題フォームは4FIC5


前回のリベンジ&大学生活最後のTOEICで900点を奪取できるかということで、
昨日は前日にして久々にトリプル模試をして今日に臨みました。

今回は早めの会場到着、お昼もしっかり。

直前まで眠気がありましたが、交感神経を刺激&気合を入れスタート!!

リスニング!

パート1

順調にこなす、最後だけよくわからず消去法で解く。

パート2

わからない問題も4つくらいありましたが、消去法や解答テクニックを思い出し解く。

パート3&4

じっくりと先読みし、解答へのマークを後で一気にやる方法を併せ解く。

リーディング!!

パート5&6

今回は得意なパート7の時間10分をこちらに回し、じっくり腑に落ちないところは脳をフル稼働して
納得するように解答した。

それでも相変わらず1番不得意はパート6・・・


パート7

こちらも流れで今回はゆっくり読み確実に解答。
今回は45分間。

時間が結構ちょうどだったので、最後は少し焦りもしましたが無事完答!!

今回は今までで1番落ち着いて過ごせた2時間でした。

すなわち1番の出来ではないかと秘かに思っています♪
大学最後のTOEICで華を飾れたか?!笑
来月を待ちます。

お久しぶりです!!

かなりお休みしてしまいましたが、改めてブログの復旧をさせてもらいます。

この英語ブログとは別のブログでの活動や卒業論文、その他家庭の事情でかなりの多忙さでした。

忙しいを言い訳にしてはうえにはいけませんから、今回限りにしたいと思います^^;


さて、TOEICブロガーの皆さん、先生方に触発されて始めたブログでしたが、
本格的な方向性が見えてきました!!

昨年度、半年ぶりに受験したTOEICテストは準備不足&モチベーションの低さが相まって、
100点以上スコアダウンして700点台に突入してしまいました。。。

それが逆に大きなバネとなり、今があります。

当時はTOEICの点数が上がり大学院にも合格して、それからはしばらくふらふらしていました。

そのまま受験しても、当然結果はでません。

唯一点数が良かったのはPart7で、90%スコアがありました。

その部分だけ本番で出来たと思えたところだったのでひとつの救いとなりました。

それから3月のTOEICに向け、英語をまた楽しく♪勉強し始めています。

そして今は実際、TOEICよりも翻訳者を目指して勉強しています。

同時に、毎日いかに英語を楽しく勉強できるのか!を心に英語学習と向き合っています。

目標は、翻訳者になること、英語学習の楽しさを伝えていく存在になることへと変化しました!!

そのなかでTOEICや英検などを活用していくことが今年の目標です。

今年に入り、早速翻訳のオーディションに申し込んだりと行動を起こしています。

思い立ったら吉日→Procrastination is the thief of time !! 精神でこれから再スタートです!!

これからも皆様よろしくお願い致します。

☆Candle Night☆


今年もやってきました。

冬の風物詩ともなってきた”100万人のキャンドルナイト

今や環境問題を考えることなくして生活していくことができない時代。

そんな中、世界がひとつとなって手軽といっては語弊があるかもしれませんが、
簡単に環境に優しい活動をすることができる代表ではないでしょうか!

冬至の夜、8~10時の間は電気を消して、キャンドルに灯をともしていつもと違う時間を過ごしてみませんか?

上の画像はその100万人のキャンドルナイトに向けてのメッセージの数々です。
僕も楽(raku)として本日メッセージを送りました。

しばらくするとメッセージがでてくるかもしれません♪

メッセージは自分の郵便番号と名前と合わせて送信するだけです!!

メッセージを送ると、そのメッセージがどこからどこに繋がっていったのかメールで送られてきます。

少しだけ楽しいですよ(笑)

以下その送られてきたメッセージです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
"ココロのあかり"のリレーは、あなたの前に 千葉県山武郡大網白里町北今泉 から、
1798 人目にあなたの住む 大阪府豊中市に届き、
そして 宮崎県児湯郡高鍋町北高鍋 に繋がりました。

2003年夏至から始まった"ココロのロウソク"を示すキャン
ドルスケープは
人と時をつなぐココロのあかりのリレーです。

キャンドルナイトがはじまってからこの夏で5年。

"ココロのあかり"のゆるやかなリレーは、今日のあなたのあかり
を経て、
時を超えて未来の子供たちのもとに届くことでしょう。

あなたは、今年どんなキャンドルナイトを過ごす予定ですか。

宇宙の天体が創り出す1年に1度の夏至というイベントを
皆で愉しみましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さぁ、皆さんもちょっといい時間を共に過ごしませんか?

家族と恋人と友達と子供たちと仲間と!!

キャンドルの灯りでいつもと違った夜のちょっといい時間楽しみましょう!

100万人のキャンドルナイトのウェブサイトでは当日のキャンドルの過ごし方の画像も募集しています。

送ってみてはいかがでしょうか?

たまにはゆったりと☆

音読効能

日本人は本当に英語をよく勉強します。もちろん僕も含めて。

それでもなかなかマスターできないのも日本人のような気がします。

それは"継続"できていないことが大きい要因!

そして、"英語ができることでの目標"がきちんとしていないこと!

この2つがなかなか英語をマスターできない日本人の要素ではないでしょうか?



もうひとつ付け加えれば、学校の英語学習が読解や訳出に偏っていることですね。

本屋に行くと、これでもかというほどのたくさんの種類の本があります。

これも日本の特徴ですよね^^;



さて、今日は僕がTOEIC735点から880点へ一気に145点アップしたときの勉強法についてお教えしたいと思います。



これを達成したのは今年の3月~5月の間です。

それまでは、大体半年で100点のスコアアップに成功していたのですが、700点を越えてから8か月目で一気に880点を奪取したのです。

この頃までの勉強法とその2か月間の勉強法で明らかに増やしたのは"音読"でした!!

最近は茂木健一郎氏の勉強法の本などでも「鶴の恩返し勉強法」など英単語を覚えるときには声に出し、手で書き、目で見る。五感をフルに活用することが脳科学の研究からわかってきました。

しかし、昔からこれは知られており、有名な七田眞氏は中学生の頃から知らずにこれを実践しており、英語がペラペラになったそうです。

そして自らの七田式勉強法にも取り入れられています。

では、具体的には・・・・?


単純明快です。英語のテキストを見ながら声をしっかりだして音読するのです。

このとき、僕はTOEICの勉強をしていたのでTOEICの模擬問題集をやった後、解答(リスニング編)をとにかく繰り返しました。

もうひとつは、英会話の観点から愛用しているNHKラジオ英会話のテキストもどんどん音読していきました。

まずTOEICの解答を音読していくことで、リスニングで問題となるセンテンスとその選択肢の関係やこの質問の仕方の答えにはこういうものがある!ということを、英語のリズムで脳に記憶させていくことができました。


よく英語は発音できない音は聞き取ることができない!といいます。

これを克服するのにも音読はうってつけなのです。

とにかくどんどん音読をしていけば、自然と発音も良くなりますし、脳に英語の音を刻むことができ、リスニング力は確実にアップしていきます!!

880点を奪取する直前はTOEICの模擬問題集をやること、そしてその解答を毎日音読することに集中していました。

このおかげでリスニングが飛躍的に伸びたのです。

ふと今月号のNHKラジオ徹底トレーニング英会話のテキストを見ていると、この講座を担当している岩村圭南先生のコラムでこの音読についてぴったし書かれていました。

それで今回、この音読について書いたというわけです。

もうひとつ、この音読に関する逸話をお話して終わりたいと思います。

あのトロイ遺跡を発掘したシュリーマンは、若くして6ヶ国語を話したといいます。

そのときの話ですが、彼がある言語を学習中に毎日2時間、わざわざその言語を理解する人を雇って、その言語で書かれた本を音読するのをただ聞かせていたそうです。

要は音読を続けるための観客みたいなものです。

そうして感覚をフルに活用して6ヶ国語を習得していったのです。

今回のTOEICで再確認したこと

昨日はTBR最後のほうしか聞くことが出来ませんでしたが、先生方が爆笑されてる様子がとても面白かったりしました。


さてさて、昨日のTOEICを受験していて再確認したこと。

自分の得意不得意です。

以前にも感じていたことですが、僕はPart 7に苦手意識がありません。

昔は時間ギリギリだったのですが、4回くらい前からは必ず10分余るようになりました。

昨日は分量が多かったので7分前くらいでしたけど。

Part 7に突入したのがだいたい14:07だったはずです。

隣の男性は僕より5分以上早くPart 7に取り組みはじめていましたが、最後は1ページ差まで詰めることに成功していました。

昨日はまず問題を見てSPならスキャニング?のようなもので問題にでてくる単語や関係する内容を探します。

その後、最初から文章を流し読みします。

そしてもう一度問題と照らし合わせるといった感じです。

DPであれば、問題を見て上がメール下が手紙ならば、問題でメールの内容が問われているところまで確認してから文章をざっと読んで答えを探します。

そして手紙のほうもざっと読んで答えを探し、最後に漏れがないかチェックです。

こうして基本的に問題内容全部を完璧に読んで理解しようとしないので時間に追われることはありません。

それに結果もまぁまぁでています。

リーディングで弱いのは単語・語彙力です。

あとはどうもPart 6に苦手意識があるんです。。。

たぶんさっさと終わらせなければという焦りみいたいなものがあるのかもしれませんね。

語彙力、ウーゴや辞書活用して次回にはリベンジしていきます!!

Appendix

検索フォーム

英語学習with MindMap

以下の画像はマインドマップという創造的ノート術による英語学習をした例です。 by 楽(raku)
♪should を省略できる構文など♪ english 1 ♪many ,much ,few ,little について♪ english 2 ♪語源に関する問題集のある1章♪ english 3

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。