Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK実践ビジネス英会話

ん~ビジネス英会話。

初日こそ時間をかけて暗記しましたが、昨日が少し難しく、今日も思ったよりは進みませんでした。
これはいいトレーニングになりますね!

今日はNHKの国際放送のポッドキャストを始めて聞きましたが、かなり聴きやすかったです!
BBCがモゴモゴに聞こえるくらいです(笑)

土日はフォトリーディングという速読セミナーに約1年ぶりに再受講してきます。
英語学習は朝・晩・移動中のなりそうです。


今日の学習時間

●ラジオ関連:2時間
○ラジオニュース:1時間
●ドライブ中リスニング:15分
○お風呂で音読:5分
●その他もろもろ:30分

合計:3時間50分

スポンサーサイト

スタローンVSサルコジ

今日は昨日の実践ビジネス英会話をひたすら音読&シャドーイングしてビニィエットを暗記しました!

夜のクローズアップ現代では最近の日本の英語事情などについて放送されていて興味深かったです。

そのあとCNNを見ていると、いま開催されているG20の首脳陣の写真を街角で見せ、人物の名前を問うていました。
フランスのサルコジ大統領を俳優のシルベスター・スタローン?と答えた女性を見て、経済に無関心なのかと驚きました^^;


今日の学習時間

●ラジオ関連:2時間
●オバマ演説:20分
●CNN:15分
●ラジオニュース等:30分
●入浴中テキスト:5分

合計:3時間10分



☆~Hanami, Cherry blossoms viewing の季節がやってきました^^

Let's get started !!

いよいよ新年度です!!
大学院生活まであとわずかです!!

多くの友達が新社会人となるなかあと2年間、勉強と英語学習、自己啓発、読書、マインドマップ、バンド活動、etc....に勤しんでいきます!!

TOEICの学習に取り組みだして早2年が経ちました。
1年4か月でどうにか当初の500点から880点へとスコアアップしたものの、大学院合格後の約半年間はなまけてしまい大幅なスコアダウンでした。

それから再度奮起し、先日の第145回では今まででもっとも集中して解答することに成功しました。
ただ、事前準備は前日のトリプル模試の第3回を1度したのみです。

それまでは、毎日のシャドーイングやラジオ英会話ばかりして英語を楽しんでいました♪

大学最後のTOEICの結果やいかに?!

さて、これから毎日少しでも英語学習の記録をつけていければと思っています。
無理に文章を書くのではなく、多くのブロガーの皆さんも行っている学習指標の記録で自己啓発も兼ねていくつもりです。

今年自分に課している目標は年間1000時間なので、1週間が約20時間の学習が必要になります。

そのためにあれやこれやと手をだすやりかたで、毎日1秒でも長く英語に触れていきたいと思います。

ちなみに今日は
ラジオ英会話
入門ビジネス英会話&実践ビジネス英会話(暗記含む):2時間
オバマ演説スピーチシャドーいんぐ:20分
NHKテレビ英会話・トラッドジャパン:20分
ラジオニュース:20分
CNN:15分
ドライブ中の英語CD:15分
入浴中の英文:5分

合計:3時間35分

今日はかなり気合入っていました!新年度初日ですからね笑。
いつもは2時間くらいです。


           

音読効能

日本人は本当に英語をよく勉強します。もちろん僕も含めて。

それでもなかなかマスターできないのも日本人のような気がします。

それは"継続"できていないことが大きい要因!

そして、"英語ができることでの目標"がきちんとしていないこと!

この2つがなかなか英語をマスターできない日本人の要素ではないでしょうか?



もうひとつ付け加えれば、学校の英語学習が読解や訳出に偏っていることですね。

本屋に行くと、これでもかというほどのたくさんの種類の本があります。

これも日本の特徴ですよね^^;



さて、今日は僕がTOEIC735点から880点へ一気に145点アップしたときの勉強法についてお教えしたいと思います。



これを達成したのは今年の3月~5月の間です。

それまでは、大体半年で100点のスコアアップに成功していたのですが、700点を越えてから8か月目で一気に880点を奪取したのです。

この頃までの勉強法とその2か月間の勉強法で明らかに増やしたのは"音読"でした!!

最近は茂木健一郎氏の勉強法の本などでも「鶴の恩返し勉強法」など英単語を覚えるときには声に出し、手で書き、目で見る。五感をフルに活用することが脳科学の研究からわかってきました。

しかし、昔からこれは知られており、有名な七田眞氏は中学生の頃から知らずにこれを実践しており、英語がペラペラになったそうです。

そして自らの七田式勉強法にも取り入れられています。

では、具体的には・・・・?


単純明快です。英語のテキストを見ながら声をしっかりだして音読するのです。

このとき、僕はTOEICの勉強をしていたのでTOEICの模擬問題集をやった後、解答(リスニング編)をとにかく繰り返しました。

もうひとつは、英会話の観点から愛用しているNHKラジオ英会話のテキストもどんどん音読していきました。

まずTOEICの解答を音読していくことで、リスニングで問題となるセンテンスとその選択肢の関係やこの質問の仕方の答えにはこういうものがある!ということを、英語のリズムで脳に記憶させていくことができました。


よく英語は発音できない音は聞き取ることができない!といいます。

これを克服するのにも音読はうってつけなのです。

とにかくどんどん音読をしていけば、自然と発音も良くなりますし、脳に英語の音を刻むことができ、リスニング力は確実にアップしていきます!!

880点を奪取する直前はTOEICの模擬問題集をやること、そしてその解答を毎日音読することに集中していました。

このおかげでリスニングが飛躍的に伸びたのです。

ふと今月号のNHKラジオ徹底トレーニング英会話のテキストを見ていると、この講座を担当している岩村圭南先生のコラムでこの音読についてぴったし書かれていました。

それで今回、この音読について書いたというわけです。

もうひとつ、この音読に関する逸話をお話して終わりたいと思います。

あのトロイ遺跡を発掘したシュリーマンは、若くして6ヶ国語を話したといいます。

そのときの話ですが、彼がある言語を学習中に毎日2時間、わざわざその言語を理解する人を雇って、その言語で書かれた本を音読するのをただ聞かせていたそうです。

要は音読を続けるための観客みたいなものです。

そうして感覚をフルに活用して6ヶ国語を習得していったのです。

単語帳使ってますか?

短期集中講座!TOEIC TEST英文法 (アスカカルチャー)短期集中講座!TOEIC TEST英文法 (アスカカルチャー)
(2006/12)
柴山 かつの

商品詳細を見る

明後日はいよいよ約半年ぶりのTOEIC受験日です。

今回は近所の某予備校が会場なのでギリギリまで家でぬくぬくできます(笑)

ここ1週間は風邪が長引いてしまって模擬試験問題集に手が伸びていないのでちょっと
不安もあります。

隙間時間に学習しているのは文法対策の本で、柴山かつのさんの短期集中シリーズです。

半年前に購入したときアマゾンのマーケットプレイスから購入したのですが、
そのときの出品者が後にこの本の校正者の武居信子さんであるとわかりました。

こんなことが起きるのだなぁと小さな感動をしつつ、問題集を学習して当時880点を奪取できたので感謝感謝で今日も使っています。


話は少し変わります。

TOEIC学習者に限らず、受験英語から生涯英語まですべての英語学習者に聞きたいことがあります。

皆さんは単語帳を活用される派ですか?それともあまり使わない派ですか?

僕は受験英語のときの有名な単語帳である「ターゲット」から今までに5冊くらいの単語帳を購入して取り組んできました。

しかし、いつも挫折の連続です。

単語ともちろんそれぞれ例文なども掲載されています。が、あの例文がまた難しい文章が多くて馴染みがわきません。

それと根本的に単語帳を眺めて継続的に単語を覚えていくことができません。
ある程度まではできます。

続かない一番の要因はやはり楽しくないことだと考えています。
単語の必要性はわかっているのですが、例文も難しいのでやる気が起きません。
最近では脳科学者である茂木健一郎さんの脳を活かした学習法のひとつ“鶴の恩返し勉強法”で単語の暗記を試したことがありました。

確かに音読・書く・眺める、を同時に行うことで脳が活性し、今までの眺めるだけの単語の暗記とは違う手応えも実感しました。

それでも継続できない。。。。

そこで、単語帳は諦めることにしました。

TOEICを学習して500点から880点を奪取する1年3ヵ月も単語帳を熱心に勉強などしていません。その代りにスコアシートで語彙力が低いのは仕方ありませんが。

僕がこの期間で行ったのは、問題集やラジオテキストにでてくる気になった単語・知らない単語を紙の辞書で引いてマーカーで線を引くことでした。

こうして分厚いジーニアス英和辞典は僕のマーカー色に染まっていきました。

もうひとつはTOEICにでる単語について。これは当日会場で再度確認をしたいので、1冊のノートに意味や例文どんどん書き込んでいったやり方です。

だいたいこの方法くらいでしか単語学習には最近取り組んでいません。
あとは「Instant Word Power」などで語源と合わせた単語学習も少し行いました。
これはTOEIC600点レベル以上ではないと苦しいと思います。
この1冊を苦悩しながら当時やりきったことを覚えていますので。。。
確かそのときはTOEIC600点台だったはずです。

その反面楽しさもありましたけど。^-^


さぁ、こんな感じで明後日のTOEICに向けてと僕の単語学習経験をざっと書いてきました。最後まで読んで頂きありがとうございます。


先日の神崎先生のウゴキャンのプレゼントの単語問題集が届きました!
今回はどういった活用法ができるかまた挑戦していこうと思います。

神崎先生ありがとうございました!!!


それでは!
Instant Word Power (Signet)Instant Word Power (Signet)
(1989/09)
Norman Lewis

商品詳細を見る

Appendix

検索フォーム

英語学習with MindMap

以下の画像はマインドマップという創造的ノート術による英語学習をした例です。 by 楽(raku)
♪should を省略できる構文など♪ english 1 ♪many ,much ,few ,little について♪ english 2 ♪語源に関する問題集のある1章♪ english 3

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。